精神科病院で恋する医師編

精神科病院にはいろんな職種がいますが、その頂点は医師です。

公認心理師が医師と恋した場合に起こることを書いてみます。

医師との恋愛

病院内で医師はモテます

一番のライバルは医師と接触頻度が多い女性看護師です。少ない接触頻度でどうやって距離を縮めるか心理師には戦略が必要です。

医師を落とす戦略

●ターゲットとなる医師の情報を集めるため、他の医師に情報収集します。

●仲のいい看護師から情報収集しましょう。働きぶりに人柄が出ます。また、ライバルとなる看護師の情報も手に入れることができます。

●廊下ですれ違う時に、必ず話しかけます。最初は挨拶から、すこしずつ趣味など深い話に掘り下げます。ここまでで、冷たい態度を取られたらチャンスは無いので引きましょう。

●距離が近づいたらグループでの飲み会を企画

ここで連絡先の交換ができたら交際スタートです。

ただし、一年などの期間限定で都会から地方へ派遣される医師には注意です。田舎に旅行気分できて、女性関係で心を満たそうとする人もいます。

また、上の画像のように高級車を持ち「モテ」を演出する医師がいますが、農道をポルシェで走りまわるのは恥ずかしく助手席に乗れません。

派手な印象のある医師ですが、実際は国家試験を受けるまで長時間勉強する生活を送っています。

ほとんど遊んだことのない真面目な人が多いので、安らかな結婚生活を送れるでしょう。

医師との結婚

医師と結婚するとセレブな生活ができると勘違いする方がいます。

年収1000万は超えますが、所得税が三割を超えますので、手取りが700~800万と言う実態です。共働き夫婦のほうが世帯年収が高い場合があります。

勘違いして高級住宅、高級車など購入してしまうと、見栄のための出費が生活を圧迫します。

妻となっても働いてリスク回避しましょう。

医師との結婚では「値札を気にせず肉が買える」くらいのセレブになれます。

カプラン臨床精神医学テキスト DSM-5診断基準の臨床への展開 第3版

近助の精神-近くの人が近くの人を助ける防災隣組

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。