大学の学生相談とは

おみょは大学の学生相談で働いた経験があります。

そもそも「学生相談」ってなんだろうとご存知ない方もいます、

大学のユニバーサル化に伴い、大学の役割にも変化が訪れました。

学生サービスを充実させるため、カウンセリングを利用できる学生相談ができたのです。

設置した当初は利用する人もあまりいなかったようですが、近年その利用人数は増加し、相談も多岐にわたっています(日本学生支援機構「令和2年度学生生活調査」より)。

学生相談で何をするかまとめてみました

●心の不調

●修学に関する相談

●先生や家族などの対人関係

●ハラスメント

●性の問題

書き上げてみるとなんでも対応しています。

小中学校にスクールカウンセラーが配置されていることもあってか、「学生相談」の認知されつつあるといえるでしょう。

大学生の最初のつまづきは信頼関係ができている場合、ゼミ担当教員に相談することが多いです。ゼミに所属する前の1,2年生では相談する場所がなく、保健室や学生相談は最初の相談場所としてあげられます。

大学とは孤独な場所。

高校まで集団を乱さないよう求められていたのに、突然個として自立せよと放り投げらる場所。学生が戸惑うのも当然で、就職しては再び集団での適応を求められます。

そのような戸惑いも一度受け入れる場所が学生相談です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。