開業する 宣伝法

前回開業時、税務上3つの種類があることをお知らせしました。

ここではどのような宣伝方法があるかお知らせします。

①WEB戦略

②リアルで人脈づくり

とに大きく分かれます。

①WEB戦略

HP作成とSNSです。

HPは経歴、開設場所、時間、料金、予約フォームと言うシンプルなもので十分です。

実はHP作成のハードルはどんどん下がり、「Wordpress」はデザイン性と操作性が高く、WEBデザイナーの間で広がっています。

安倍首相、早稲田大学のHPはWordpressで作られています。

自分で作成したい方は「できるWordpress」を手に入れると、電話やメールでのサポートを利用できます。本サイトもWordpressで作られています。

大切なのはSNSです。集めたい顧客層は自身のブランディングによります。自身の強み、スキルをわかりやすく紹介し、時によっては具体的な事例を紹介することで、希望する顧客層に訴えます。

例えば子どもを対象としたカウンセリングルームなら、スクールカウンセラーや小児科での経験をアピールの上、不登校、いじめ、発達障害などの、検索しやすいキーワードで、自身の考えを発信します。

フォロワーが集まったらイベントを企画して、知名度をあげることも効果的です。

②人脈作り

近隣の関係する医療機関に挨拶回りをし、地方臨床心理士会でも開業を積極的にアピールすることです。人のつながりを重視する田舎では①を上回る集客力となるでしょう。

関係する医療機関とは心療内科、内科、神経内科、小児科、歯科等。歯科は不定愁訴で歯痛を訴える人が多いです。

注意点は心理士を雇っていない開業医を選んでください。

心理士に事前連絡無しに訪問すると、ライバル視されてしまい、医師へ悪い評判を伝えられてしまう可能性があります。

さらに、地方臨床心理士会で人脈を作り、相談者を紹介してもらえるように働きかけてください。

その際開業の気軽さを話題にしてお高く止まってはいけません。常に来談者がいなくて困っていることをアピールしてください。羨望を引き起こすと、誰も紹介してくれません

結論は、スキル磨きにかけている時間とお金をWEB戦略、人脈作りにもシフトし、開業の準備をしましょう。

<新版>らくらく個人事業開業のすべてがわかる本

精神障がい者の家族への暴力というSOS――家族・支援者のためのガイドブック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。